FC2ブログ

妊娠・出産・子育て情報館

保健師をしている新米ママが妊娠・出産・子育ての色々な情報を発信します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産体験記 5日目

痛みに耐えながら長い長い夜が明けました。
窓の外がうっすら明るくなってきます。
・・・やっと夜が明けたという感じ。

人生の中で一番長い夜だったのではないでしょうか?

痛みは相変わらず強いですが、今度は腰の痛みの方が強くなってきました。
腰を動かすことができないって、ホント辛いんです。

そうこうしているうちに、悪露のパッド交換に助産師さんがやってきました。
うがいをさせてくれたり、タオルを渡して蒸しタオルを作ってもらい、顔を拭きます。
こんなささいなことがとっても気持ちよくって、気分転換になります。

術前にタオルを何枚か用意しておいたほうがいいですよ。

朝はまだ禁飲食。
ですが、水は一口くらいはのめるので、ちょっと飲んでみます。
おなかがゴロゴロ言っています。
ここでおならがでてくれば腸が動き出したということですが、なおままはまだ・・・。

そして、また痛みに耐えて時間をすごします。

と助産師さんがぼんずを連れてきました。
痛くて存在をちょっと忘れていました・・・。
と、乳を出されて、授乳開始です。
乳房はまだ張ってきてはいません。
寝たままぼんずを覆いかぶすように乗せ、授乳開始です。
ぼんずは乳首をちゅちゅっとすいます。
すごいなあ。本能で吸うんですね。

子供が乳首を吸うたび子宮の収縮が起こっているらしく、キューっと痛みがきます。でも子宮は収縮がしっかり進んだほうが良いのでがまん。
と、すぐにちゅぱっと外れてしまいます。
なおまま、筋力をつけていたので、寝たままぼんずを持ち上げて、
乳首を吸わせ直しました。
それが何回も続きます。

そうこうしているうちに、隣のベッドの昨日午前中にオペをした人が病室を
移動する音が聞こえてきました。

「まだ痛いです・・・。いたた・・・。」
なおまま、内心、かわいそうに。まだ傷痛むもんね。。。

などとのんきに思っていると

「なおままさん!」
と助産師さんが。
「尿道の管を抜いて、ご自分でほかの病室へ移動してもらいますね。」

・・・・なぬ!!!
だって、まだ帝王切開のオペから1日すら経っていないのに!!!!!!!!

日本赤十字社医療センターは赤ちゃんにはやさしい病院。
でもお母さんには厳しいのです。



なおまま、傷がかなり痛むし、ベッドから起き上がろうにもおなかに力が入らない。
「無理です。。。歩けません。トイレにもこのままじゃ無理です。
尿道の管を明日まで入れておくことはできませんか?」

助産師さん「早く抜いたほうが良いんですよ。回復も早いですし。

なおまま「(そんなのはわかっているよ!)じゃもうちょっと休ませてください」

助産師さん「時間が遅くなると、助産師も忙しくなるので、今移動してほしいんです。
一人では移動させられないので、必ず助産師と一緒でないと・・・。」

(そんな・・・忙しいからって・・・ちょっと鬼だよね)
友達の入院した病院では1週間ベッドで寝たままだったんだって。
尿道の管も入れっぱなし。
まあ、そんなに入れておくと回復に時間がかかるし、おっぱいもでなくなる。
そこまで安静とは言わないけれどせめて明日ぐらいまで・・・。

なおまま「分かりました。がんばってみます」
尿道の管を抜いてもらいます。
か~っと熱い感じがして気持ち悪いものです。
しばらく残尿管がある人もいるようですが、なおままは平気でした。
不思議にしばらくトイレに行かなくても大丈夫です(6~7時間くらい)

そして、点滴の棒に捕まり、普段なら30秒で移動するところを5分かかり移動。
ベッドに座ると今度はベッドに横になれない。
横になると今度は起き上がれない。


普段は何の気なしにしていることがぜんぜんできない。
切ないです・・・。

そして、ぼんずも置いていかれて・・・。
仕方なく、助産師さんに手伝ってもらいながら授乳です。
それもやっとの思いで。。。
母が帰宅してしまってからは泣きたくなりました。
オムツ替えもやっと・・・。
だって、昨日、手術したのにだよ!!

妹が来てくれた時にはべそをかいてしまったチョコひとでした。

昼から食事も開始。
手術の後だからおかゆかなと思っていたけれど、しっかりとうどんどか
おかずが出てびっくり。
一日以上胃を空っぽにしたので、控えめに食べました。

夜からはおっぱいのためとしっかり食事は摂りました。

でもまだ痛い。
助産師さんに痛み止めと頼むと、もう錠剤になってしまいました。
一回分しかくれないので、そのつどもらわないといけない。
先生が処方せんを書いてくれないとナースステーションの薬を
もらうことになるので、なかなかすぐに持ってきてもらえないんです。

T先生にいたいことを言ったら、座薬を出そうか?と言っていたけれど
やっぱり母乳に影響が多少はあるので、なおまま、がまんすることに。

でもその晩はさすがにきつかった。
助産師さんの担当が替わり、出産の日の担当だった人が
「今晩預かる?}
と言ってくれたので、預かってもらいました。ほっ!!!

泣いても最初はベッドから起きられず、ナースコールで
起こしてもらいました。
妹とだんなが交代でオムツ替えしてくれるのが助かった!!
やっぱりオペの翌日は家族がいると助かります。
もちろん、ナースコールすれば助けてもらえるけれど、小心者の
なおままはそんなにしつこく呼べませんでした。

同じ病室では1時間に10回とか呼んでいた人もいたけれど。。

ここまできつい母子同室って聞いたことないでしょ????

その晩は夜中、度々、同室の赤ちゃんの鳴き声に起こされながら
過ぎていきました。
痛みもまだまだ続きます。
なんとか痛み止め(最低限の母乳移行の少ないもの)をもらい気を紛らわせました。

ちなみに、赤ちゃんは生まれてくるとき、お弁当と水筒をもって生まれてきます。
なので、生まれたその日、翌日くらいはそれほど母乳を飲まなくても大丈夫なんですよ。

ほとんど泣かずにぼんずは寝ていました。
ナースステーションでは糖水だけあげていたようです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomama3560.blog70.fc2.com/tb.php/74-05ad592e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)





 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なおまま

Author:なおまま
保健師で2人の子育て中のなおままの妊娠・出産・子育ての
ちょっとした情報などお知らせします。
みなさんの情報もお待ちしていますね♪

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。