FC2ブログ

妊娠・出産・子育て情報館

保健師をしている新米ママが妊娠・出産・子育ての色々な情報を発信します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産体験記 3日目

入院3日目になりました。

一向に陣痛はきません。
おしるしもなし。


今日は促進剤を使うこととなりました。
日本赤十字医療センターは、自然のお産を推奨しているので、ぎりぎりまで待ってから促進剤を使うことに。
あくまで、自然にこだわる病院です。


朝、6時に起床して、シャワーを浴びました。
今日、お産になるかも・・・。と期待と不安でいっぱいです。

朝食は普通に食べ、赤ちゃんの心音を図ります。
異常なし。

そして、9時、促進剤を打つため、2回の分娩室に移ります。
この日はなおままと双子のおかあさんともうひとり、計3人が下に降りました。

なおままはふたごのお母さんと一緒の部屋へ。

そして、点滴開始。
なおままが寝ているベッドから、子宮の収縮状態のグラフが見えます。
2時間ほどたったところで、定期的な収縮状態のグラフに変化してきました。
おお!!いよいよか。
それほどおなかは痛くありません。
きゅっと時々、違和感があるのみ。

そして、一本終わり、休憩。
お昼ごはんです。

トイレに行くのには、いったんおなかにつけたモニターをはずしたりするので、大変。
お昼の時もモニターをいったんはずします。

そして、午後。
2本目突入。
グラフは多少は波がでてきたものの、ほとんど変化なし。

H先生も見に来ましたが、う~ん。まだみたいね・・・。と。

結局2本うったものの、陣痛は来ませんでした。


と、診察室に呼ばれました。
入院してから初めて主治医のK先生に会えました。
と、内診することに・・・。

K先生が
「ちょっと刺激しますよ!」と内診をして、子宮を刺激しました。
いててええ!!!激痛が走ります。

「ちょっと刺激したから出血があるかも。
子宮口は2センチはあいているからね~。」と。

担当していた助産師さんは
「K先生が内診すると、陣痛がすぐにくるって、ジンクスあるのよ!」

なおまま、期待しましたが、来ませんでした。
その代わり、点滴をしていた部屋に戻ったのですが、お腹の痛みが強く、しばし、くの字にまげていないと、痛みがひどいような状態でした。

30分ほどたってから、病室へ戻ることに。

生まれるかもしれないからと呼んでいた妹も、
「なんだよ、生まれないなら帰るよ~」
とつめたい・・・。

病棟に戻ってから、結局だめだったと報告。
しかたありません・・・。

明日、促進剤で仕切りなおしということを言われていましたが、その夜。
H先生が病室に来て、

「明日、骨盤のレントゲンをとってみましょう。それで、帝王切開にするか、促進剤にするか決めましょう」とのこと。

なおまま、内心、レントゲン、もっと早くやってもよかったんじゃない??
と思いましたが、それは言わず、はいと返事をしました。

もう41週と4日。
もう待てなくなってきていました。

赤ちゃん、早く出てきてね~!
さすがのなおままも歩くのもしんどくなってきました。

今夜も夕食を食べ、シャワーを浴び、夜がくれていきます。

  なおままの出産体験記 入院1日目
  なおままの出産体験記 入院2日目
  なおままの出産体験記 入院3日目
  なおままの出産体験記 入院4日目
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開へ
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開 その夜

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
スポンサーサイト

出産体験記 2日目

さてさて、入院生活2日目。

起床は7時半ころ。
朝ごはんは8時。
7時過ぎごろに助産師さんが見回りに来て、赤ちゃんの心音をとっていきます。
赤ちゃんはいたって健康。
陣痛の兆候なし・・・。

朝食は今日はパン食でした。
パン、結構おいしいわ♪

今日は一日予定がほとんどありません。

午前中にNSTをしました。
異常なし。

暇なので、病院内をウロウロ。
外来に行ってみたり、売店に行ってみたり。
図書館を覗いて見ましたが、ちょっと専門的過ぎるので病室へ戻りました。

とにかく歩いて赤ちゃんが降りてきて陣痛につなげなければなりません。

お昼ごはんは12時ちょいすぎ。
普段なら一日2時間は歩いているので、入院生活はおなかがすきません。

午後、H先生が病室へやってきました。
超音波でおなかの中を見たいとのこと。

2階のモニタールームへと降りることになりました。

外来の機械よりより詳しい立体的におなかの中が見れるもので赤ちゃんの様子を念入りに見ます。

先生「推定体重は3800グラムですね。」

・・・え??
耳を疑いました。
「そんなにおっきいんですか。先生!!」

15日前には3200ぐらいだったのに・・・。

じゃあももう一度計算してみます。

としはし待つこと・・・、

3○△□※グラムですね。(この体重が本当に出生体重となりました)

なおまま・・・ほっとしました。
3800グラムもあったらどんなに難産になるんだ!

なおまま「先生・・・。それにしても陣痛全くこないんですよね。
骨盤が狭くって通れないってことはないんですか?」

H先生「とりあえず、促進剤を使ってみないことにはねえ・・・。明日、促進剤使いましょう」

なんとなく腑に落ちませんでしたが、お任せすることとしました。

と、先生。
「なおままさんは、今日私が診察した双子のお母さんのおなかと同じくらい大きいわよ!
それなのに良く、スタスタと歩いているわね・・・。」

「(汗)そんなに大きいですか・・・。確かに大きいと思っていましたが・・・。」
かなり恥ずかしかった。
運動だけはしっかりしていたので、腰痛にもならず、歩くのが苦ということもなかったんですよね。。。
おなかも大きいとは思いましたが、まさか、双子並だとは・・・。
いったい、どんなベビーが腹にいるのやら・・・。

今日は他に痛いことはなしです。良かった。

と、夜、助産師さんからアドバイスがありました。

「明日は部屋を移って誘発するので、そのまま出産になるかもしれません。
荷物はまとめておいて、出産に必要なものを取り出せるようにまとめておいてください。」

一組のパジャマ、下着類、タオル、飲料水、アイポッド、雑誌、テニス、ゴルフボールを用意しました。
袋にまとめて入れます。
そのほかの荷物は、病室を移動するようなのでまとめました。
荷物はある程度整理しておくと、いいですよ。
まあ、普通分娩の場合、こんなゆとりはないかもしれませんが・・・。

なおままの今の病室は、これから出産する人、陣痛が始まり、入院してきた人の病室です。
今夜も陣痛の始まった人が入院してきました。
一人は、もう出産したみたいで昼のうちにいなくなりました。


・・・どんどん先を越され、さびしいけれど、ちょっと恐怖感のなおままでした。
う~ん。ドキドキ。
でも計画的なお産って、どうなんだろうと微妙な気持ちに。
まあ、出てこないよりはいいか。


長い一日が終わり、今日もヒノキのお風呂に入り、就寝。
暇なので、22時過ぎもテレビを見てから寝ました。

  なおままの出産体験記 入院1日目
  なおままの出産体験記 入院2日目
  なおままの出産体験記 入院3日目
  なおままの出産体験記 入院4日目
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開へ
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開 その夜

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

出産体験記 初日

なおままの出産体験記一日目。

なおままの想像では陣痛が来て、それが8分間隔になったら、病院へ電話してタクシーか、旦那の車でゴー。。。
という予定でしたが・・・。

予定日を越えても兆候なし。
NSTでも兆候なし。
そして、40週の健診で入院の予約をさせられました。
41週以降は管理入院です。

祝日などの関係で、
41週と2日で入院。

病院は日本赤十字社医療センターです。広尾にあります。
今、建て替えしていて、あと数年できれいな病院になりますが、今は古い建物です。

14時に入院となっていたので、母と向かいました。
スーツケースに荷物を詰めて、陣痛も来ていないので、電車で恵比寿へ。
そこからバスで向かいます。

入院は5階の病棟。
友達から聞いたうわさでは病棟は5階と6階にあって、5階はスパルタ、6階はやさしいと聞きました。
なおままは手続きの時はそのうわさを知らなかったので、6階にすればよかったとちょっと後悔。


到着し、助産師に声をかけると、椅子で待つように言われました。
ちょっと待ってから血圧、体重測定。
そして、患者とわかるように腕輪をさせられます。

そして、病棟の使い方の説明を受け、病室へ。

・・・結構せまいです。
なおままは廊下側。荷物の棚の脇のベッド。
荷物をロッカーに入れ、テレビカードを買いました。

と、助産師さんに

「今日は何をするんですか?」と聞くも、多分何もないか、診察があるかわかりませんとのこと。

やることがなくて、ウロウロ母と売店を散策。
おなかもすいたのでお菓子を購入。(本当はやめたほうがいいのにね)

そして、病室へ戻ると、とっても若い先生が挨拶に来ました。
内診させてくれとのこと。

なおままの担当医はK先生なんだけれどなあ。
来たのはH先生。
まあ、常にK先生がいるわけではないので、その先生に診てもらうことに。

ナースステーション横に診察室があり、そこで内診を受けました。

・・・相変わらず痛い・・・。
いててて・・・。しかもちょっと長めです。

・・・産みの苦しみってこれ以上よねと耐えるなおままでした。

そして、18時から夕食。
産科食Ⅰというもの。たぶん妊婦用のゴハンなんでしょうね。
味は普通かな。
先輩はおいしくないよって言っていたけれど改善されたのだろうか?
白米はおいしく炊けています。
それにバランスよく、野菜が多い感じでしたよ。

シャワーはナースステーション横の板に予約の記入をして利用。
ヒノキ風呂のお風呂とシャワーのみの2箇所あり。

今夜はヒノキを利用しました。
1回30分。
なおまま、ちょっと足りません。

暇なので友達に電話を入れたり、旦那と電話したり、21時半~入浴して、22時消灯。
しかたないからロビーで電話。
部屋に戻って、テレビみながら一日目をすごしました。

いつ陣痛、くるのやら・・・。

続きはコチラ
  なおままの出産体験記 入院1日目
  なおままの出産体験記 入院2日目
  なおままの出産体験記 入院3日目
  なおままの出産体験記 入院4日目
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開へ
  なおままの出産体験記 入院4日目 帝王切開 その夜

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

離乳食教室

離乳食教室に試しに出かけてみました。

離乳食教室はほとんどの自治体の保健所や保健センターで行われています。


なおままは、某区の保健センターに行くことに。
3~4ヶ月健診の案内と一緒に離乳食教室の案内も来ていました。
予約の必要はなく、自由参加形式です。


なおままの勤めている保健センターでは予約制。
栄養士さんのお話を聞いて、実演を見てから、調理実習まで行います。
大掛かりですが、実際自分で作ってみるのでかなり勉強になると思います。

なおままの某区では、実演のみ。

さて、時間ぎりぎりに行くと、会場は人で満員!
赤ちゃんを抱っこしながら話を聞くので、カーペットは足の踏み場もないくらい。

テーブルが3~4つ用意してあり、そこに栄養士さんが入って、テーブルごとに話を聞く形式。
でも人が多くて、話も聞きづらい。
司会の栄養士さんは、今回から予約制をやめて自由参加にして、こんなに来ると思わなかった!
とひたすら謝る始末。

離乳食教室の内容は、
配ったテキストに沿って、説明があり、
各テーブルで話を聞いていきます。

各テーブルでは、離乳食の試食が配られ、お母さんたちが味見できます。
もう離乳食始めている赤ちゃんは食べてもいいのですが、ほとんどいませんでした。
今、厚生労働省から離乳食の開始は5~6ヶ月からという通知がされたので、遅めになっています。

早くから離乳食を上げるとアレルギーの原因になります
また、消化器官が未熟なので体に負担がかかるなどあまりいいことがないんです。

離乳食の進め方、おかゆの固さ、野菜スープの味など味見しました。
キャベツの煮たもの、にんじん煮たもの、ささみの煮たものも配られました。
野菜って、自然の甘みがあるんですよね。

赤ちゃんは味付けなし、素材の甘さだけで食べます。

だしは、離乳食の初期はしいたけか昆布。
鰹節やにぼしは魚なので、後期からはじめるように言われました。

勉強になったのはそれぐらいかな。
ママ友さんとお話をして大半の時間をすごしちゃいました。
もうちょっと工夫された離乳食教室であって欲しかったな。

でも離乳食を始めて作るママさんはぜひ、参加をお薦めします。
質問もできるし、少しは参考になると思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

乳幼児健診(3~4ヶ月健診)

先日、保健所でやっている3~4ヶ月健診に行ってきました。

自治体によって健診の仕方は若干異なります。


結構、保健所・保健センターで実施する自治体が多いんです。
なぜかというと、BCGの予防接種があるから。

BCGは結核を予防する大事な注射。
生後6ヶ月までに受けなければなりません。

ただし、病気だったなどの理由があれば受けれますが、副作用が出たときの救済制度などからも6ヶ月以内を薦めます。

ただし、最近は個人病院で受けさせるところも増えてきているかな。

BCGは普通の注射と違って、針が9つあるスタンプのようなものを使って注射します。
だから医者の手技によって大きく差が出てくる注射。

きちんとやってもらいたいよね。


さて、健診がどんなふうに進むかというと・・・。

まず、健診の3~4週間前に案内が来ます。
たいてい3ヶ月後半~4ヶ月中盤で受けるようになると思います。
同封されているアンケートに記入して当日持って行きます。

産後は産後うつなどになりやすいため、それがわかるスケールのようなアンケートもさせる自治体も多いですね。

保健師による問診。
BCGがあるのでこの時お熱も計ります。
37.5度を超えるとBCGが打てなくなっちゃうことが多いです。

この問診の時に、悩んでいたり相談があれば伝えておきましょう。


そして、計測。
きれいなオムツに取り替えて行います。
身長・体重、場所によっては頭囲と胸囲も測ります。

そして、医者の診察。
首すわりや股関節の開きの制限がないか、男の子ならおちんちんの玉がちゃんと下りているか、
目・耳は正常かなどをチェックします。
そして、のどを見て風邪をひいていないかチェックしてBCGに回します。
この時、せっかく小児科の先生とお話できるので、気になることは事前にメモなどしてしっかり聞きましょう。

そして、BCGへ。
たいてい左上腕におこないます。
針の9本あるスタンプ注射を2回押します。
たいていの赤ちゃんはぎゃんなき!!
薬が乾くまで5分~10分自然乾燥。
この時、お母さんの服や髪の毛に薬液がつくと結核の菌がつくことに
なるので、気をつけましょう。

待ち時間にだいたい、保健師の日常生活の注意点や予防接種の話、歯科衛生士の歯の話、栄養士の離乳食の話などがあるので、聞いてみましょう。

BCGが終わるとたいてい終了になりますが、個別相談といって、呼び出されたり、また、お母さんが相談がある場合は個別で相談に乗ってもらえるので、何かあれば保健師に声をかけると良いと思います。

また、診察で異常があったばあい、専門病院への紹介状を発行してくれます。
その紹介状には保険証の番号が必要になるので、念のため、持って行きましょう。
どこの病院があるのかなど相談するといいです。

赤ちゃんの発達を見るとても大事な健診。
BCGも赤ちゃんが結核にかかったばあい、重篤化を防ぐ大事な注射。
かならず受けるようにしましょうね。
もちろん無料で受けられます。

診察、BCGがあるので、行くときの服装は前開きの服が便利。
かぶせるタイプだと、面倒くさいですよ。


うちのぼんずは7400キロ、65センチほど。
大きいと思っていたけれど、思ったほどではなく、一安心。
母乳も足りてそうだし、良かったです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なおまま

Author:なおまま
保健師で2人の子育て中のなおままの妊娠・出産・子育ての
ちょっとした情報などお知らせします。
みなさんの情報もお待ちしていますね♪

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。