FC2ブログ

妊娠・出産・子育て情報館

保健師をしている新米ママが妊娠・出産・子育ての色々な情報を発信します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食い初め

お食い初め。

だいたい生後100日ごろ、子供が一生食べ物に困らないようにと食べるまねごとをさせる行事です。

漆のおわんなどのセットで昔はやっていたようですが、今はそんなに大げさにやらなくても離乳食用の食器をちょっと早めに購入してそれで代用して行っている人も多いようです。

食べ物は、おめでたいということで、

鯛などの尾頭付きの魚
おなます
紅白のかまぼこ
お煮しめ
お赤飯
お吸い物

などを用意します。

そして、男の子の場合、年長者の男の人、つまりおじいちゃんなど、
女の子の場合は、おばあちゃんなどが食べさせる真似事をします。

やっぱりかわいい子供には一生食べ物に困らないように育って欲しいですもんね。

もちろん、3ヶ月ちょい。
離乳食にはまだ早いので、まねだけですよ!

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
スポンサーサイト

産婦の腱鞘炎

子育てをしていると多くの人が経験するのが


腱鞘炎


です。

産後の腱鞘炎の原因は

・赤ちゃんが重い、重いものを持つことによる原因
・産後のホルモンのバランスによりなる、原因は良くわかっていない

この2つによるそうです。

対策としては、赤ちゃんを抱くときの工夫。
手首を固定するサポーターをする。
赤ちゃんの重さを分散させるため、スリングなどに入れて抱っこする。
なるべく抱っこしないで、ほかの人に任せる。

これらの対策をするとだいぶ違います。
まだ、抱き方に慣れてくると、体重を分散させて抱っこできるので、だいぶ違いますし、赤ちゃんの首がすわってくると多少楽にはなります。

ただし、これらの対策を行ってもひどい症状がある肩は、整形外科等を受診する必要があります。
授乳後、手術適応になる方もいるようです。

たいてい、授乳が終わり、ホルモンバランスが元にもどると自然に治るようです。

なおままもなりました・・・。

うちのぼんすが体重が重い・・・。(生まれが3600グラム程度)というのもあり、重いから腱鞘炎になったんだと思っていました。

うちの両親も、普段重たいものをもたないからそんなになるのよ~。
なんて笑っていっていたものです。

もちろん重いものを持ったから腱鞘炎になることもあるのですが、産後の腱鞘炎はそれだけではないようです。

なおまま、妊娠中も筋トレをしていたので、体力には自信がありました。
それなのに・・・。とショックでしたが。
ホルモンの関係が大きいんでしょうね。

今は、首も座ってきたので、だいぶ楽に。
手首サポーターも愛用しています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

産後ママのための赤ちゃんとエアロビクス

4月から赤ちゃんを連れて参加できるエアロビクスに参加することにしました。

対象は0歳児とそのママ。


某区の体育館で行っているコース型教室。
値段は10回で6000円なり。


来ている赤ちゃんはほとんどお座りができたりはいはいできる赤ちゃん。
なおままのぼんずは・・・。まだ首もあぶなっかしい・・・。
まあ、良いとして。。。


まずは赤ちゃんに声かけから。
挨拶もしっかりしましょうと声を出して挨拶。

そして、音楽にあわせて、赤ちゃんをマッサージします。
全身を触ってあげて、声をかけてあげて、顔、頭まで触ってあげます。
うちのぼんず、3ヶ月だけれど、ちょっとうれしそうでした。

そして・・・。

そこから想像以上にきっついママのトレーニングが開始されるのです・・・。

最初はストレッチやリズム体操。
エアロビを定期的にやっているなおままには楽勝。

・・・。ボールを使った骨盤庭訓を鍛える体操に入ってくると・・・。
ううう・・・。くくく。。。

腹筋は一日60回くらいはしているものの・・・。
出産すると腹筋は落ちているし、ウオーキングしていたにもかかわらず、太もも上げ運動きっつい!!

こいのぼり!!とか言って自分がこいのぼりになる体操。
そんなのなれないぞ!!


まあ、大変だったものの、普段使ったことのない筋肉を使ったり、骨盤をしめる体操ができたのはとっても有意義でしたよ。

でもすでに節々が痛いのはなおままだけでしょうか。

何日か前にやったエアロビがきいているのかしら??

1時間、、想像以上にきつい運動でした。

子供をおもりにしてやる体操も結構効きますよ!!


自宅に帰ってきて、ぼんずも初めての雰囲気に疲れたのかぐっすり。
たまには刺激になって良いとおもうんだけれどね。


産後の体のリフォームは半年以内が勝負。
みなさん、頑張ろうね。

赤ちゃんとあそぼう(3ヶ月)

みなさんはご自分のお子さんとどのように接していますか?

どうやってあやしたらよいか、分からない。
どうやって遊ぶの??
色々と悩んでいるお母さんも多いのでは??

なおままのぼんずは3ヶ月となりました。


なおままがやってあげていること・・。

・メリーを見せる
これは、とっても大好き。飽きるまで見ています。20分~30分はもちます

・いないいないばあ
最近、いないいないばあをやると声を出して笑います。
10回ぐらい連続でやっても飽きずに笑います

・適当マッサージ
足の裏、肩、わき腹などいたるところを触ってマッサージします。
オイルなんかつけなくても十分気持ちよいみたい。

・手足の曲げ伸ばし
間接を支えながら手足の曲げ伸ばしをします。すっごい楽しいみたい。手を広げるとケラケラ笑います。

・おしゃべり
お顔をみながら話しかけ。こちらの顔を見ながらおしゃべりを一生懸命していますよ。

・がらがら握り
がらがらを持たせてあげるとがらがらを見ながら振ったりしています。
そのうち飽きるとぽいっ!

・お座りさせてリラックス
お母さんがすわった足の上にあかちゃんを乗せます。お母さんの胸に赤ちゃんの頭を持たれかけるようにして、抱っこしているとお母さんも腕がラクチン。
そろそろ首がすわってくる頃なので、首を鍛える訓練にもなりますよ。


こんな感じで相手をしてあげています。
そのほか、日々の外気浴も忘れずにね!

妊娠と尿漏れ

妊娠して、お腹が大きくなるとトイレが近くなります。
また、妊娠初期でまだお腹が大きくなっていないときでも、トイレが近くなったりすることがあります。

妊娠週数が進むとともに子宮の大きさが大きくなり、周囲の臓器を圧迫し始めます。
すると・・・。
近くにある膀胱もそうした状況に陥るわけなんです。

妊娠後期になると、くしゃみをした瞬間、下着がぬれてしまったり・・・。
少し急いで歩くと漏れてしまったり・・・。

多くの妊婦さんが経験することだと思います。


対策としては下着をこまめに取り替える、
生理用のナプキンを当てておく、
夏などはシャワーをこまめに浴びることなどが良いでしょう。


それと・・・。
尿漏れによい体操があります。

骨盤底筋の体操です。

妊娠中から徐々にはじめてかまいません。

方法
・おならを我慢したり、おしっこを途中で止める感覚で膀胱付近に力を入れる。
・息を止めないで10秒ほど我慢して力を入れる。
・朝、昼、晩など一日三セット、一回につき10~20回行う。
・姿勢は立って前かがみになり、いすにつかまって行う
 もしくは仰向けに寝て、ひざを立てて行う。
 また、いすに座っても良し。自分で力の入れやすい方法で行う。

骨盤底筋は膀胱、尿道を支える筋肉です。
女性は男性と違い、尿道が短いため、骨盤底筋を鍛えないと簡単に尿漏れをしてしまいます。

出産後は特にこの筋肉が緩んでいて、引き続き、尿漏れが起こる場合があります。
薬などは必要ありません。
しっかり骨盤底筋体操を行って、尿漏れを解消しましょう。


ただし、ここでひとつ注意。
下着がぬれている場合、破水ということもあります。
羊水はさらさらしていてにおいがなく、ずっと出続けるもの。
こういった状況になったらすみやかにかかりつけに受診しましょう。

なおままも妊娠後期に数回尿漏れしました。
なんたって、トイレが近い!!
30分に1回くらいも行きたくなるんです。
散歩をしていても

おおおおお!!!という感じで内股走りして帰宅する始末。
念のため、骨盤底筋体操を妊娠8ヶ月~産後2ヶ月まで行いました。
現在は全く尿漏れはありません。

妊娠と痔

妊娠をしたり、出産すると痔になってしまうことが多いって聞きませんか?

妊娠・出産によって多くの女性が痔になってしまうことが言われています。

なぜ、痔になるのか・・・。


妊娠をすると今までとホルモンバランスが変化します。
つわりなどで食事があまりとれなかったりすると、便秘に傾きます。
便秘で一生懸命に便を出そうとしていきみます。
そうすると・・・。
最初は気づかなくても校門の中でうっ血して痔ができ始めているなんてことになっているのです。

また、出産時。
いきんでいるときに痔になってしまう。
出産してふと気づいたら痔ができていた!なんて経験は多いと思います。

特に妊娠中に痔になってしまった方は、出産時に悪化してしまうことが多いので注意がひつようです。
出産時に助産師さんに痔の部分を押さえていてもらうと悪化しにくいなんていわれています。

痔には、

・いぼ痔
・切れ痔

などがあります。
いぼ痔は校門部分を触ってもらうと、いぼのような突起物が肛門の外にでているのでわかると思います。
肛門の中にすでにできていて外に出てきていない場合もあります。

対処方法としては、とにかく、おトイレが済んだ後、指で肛門の中に戻すこと。
また、お風呂で清潔にしておくこと。
できたら、シャワートイレで排便の後はきれいに洗うこと。

いぼ痔は血流が悪くなって起こるのでお風呂の時に指でマッサージするのも良いかと思います。

あと、肝心なのは、便秘を解消すること。
便秘でいきむほど、いぼが大きくなってしまいます。

バランスのよい食生活、適度な運動、飲み物は温かいものを、繊維質の多いもの、野菜をよく摂取する。水分を多めに摂ることなどが大切です。

切れ痔の方も基本は同じ。
肛門が切れた状態になっているので、清潔を保ってください。


痛み、かゆみがひどくなってきたら病院に受診をする必要があります。
かかりつけの産婦人科で一度相談をしてみてください。
専門の肛門科に行く必要がでてくるかもしれません。
恥ずかしがらずに受診をしてみましょう。

痔の薬、軟膏は決して痔を完治させるためのものではないんです。
対処療法に過ぎません。
妊娠中なので、軟膏も成分によっては使えないものもあります。

たとえば、有名なポラギノールも何種類かあり、使えないものもあります。
自分で薬局で適当に購入するのは避け、医師に相談しましょう。


何を隠そうなおままも5ヶ月に入ったときに、痔に気づきました。
出産後ならともかく、妊娠中になるとはかなりショックでしたよ。
たしかに便秘になっていたし・・・。
自分は痔とは無縁だと思っていました。

なおままは帝王切開だったので、出産後、自然に治りました。

ただし、ひどくなった人などは出産後、授乳が終わったら、切除手術などが必要になる場合もあるそうです。

出産時の病院入院で必要なもの

出産のため、入院します。
入院に用意するものは、病院からもらったパンフレットなどに載っていると思いますが、それ以外になおままがあったらいいなと思ったものをご紹介しましょう。

・ハンドクリーム
赤ちゃんに授乳をしたり、おむつ替えの度、手を洗います。
かなり手ががさがさになっちゃいます。特に乾燥する冬は必需品。

・絆創膏
病棟でもらってもいいと思います。
上の理由で皮膚が切れてしまったりします。

・Tシャツ
冬でも病棟は空調がきいていて結構あたたかい。
しかも赤ちゃんは体温が高いので、結構暑いんですよね。
上着を持っていれば、下はTシャツで十分でしたよ。

・ペットボトル飲料
授乳をするとのどが渇きます。出産後、しばらくはなかなか動けないので、まくらもとに何本か用意しておくと便利です。出産の最中ものどが渇きますし・・・。
助産師さんに頼むと、病室の流しの水道をくんできて飲ませてくれますが・・・。

・パジャマは・・・
出産後、2日くらいたち、悪露がおちついてからはTシャツにジャージで十分ですが、出産当日、次の日くらいは、マタニティ用のパジャマが便利です。
丈な長いので上だけ着てネグリジェのようにもできます。
悪露のパットも替えやすい。
特に帝王切開で出産したママはお勧めです。
ズボンのゴムが傷の辺りに当たりそうなら、ズボンを脱いでしまえば楽ですもんね。




 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

なおまま

Author:なおまま
保健師で2人の子育て中のなおままの妊娠・出産・子育ての
ちょっとした情報などお知らせします。
みなさんの情報もお待ちしていますね♪

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。